忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


秋も深まり、いよいよ冬の気配が漂ってきましたね。
最近朝、起床が辛いもみじんです。



今回は釣課記録ではなく釣具修理がたまたまうまくいったのでご紹介です。
(もしかしたら、当たり前の内容かもしれませんが、自分並みのビギナーの
方のお役に立てたら幸いです)



気になる内容ですがタイトルのとおり


「小継玉網の柄キャップ緩みカイゼン!」です



玉網を出動させる度にゴムキャップをを外してするする~と魚のもとへ柄を
伸ばしていくわけですが、出動機会が増えてくると柄の内側とキャップの摩擦
によりゴムが磨り減ってきます。


MY玉網は出動頻度は少ないのですが、安かろう悪かろうで買った粗悪品のため
緩みが酷く、釣行時に背中にかけて前のめりに屈むと、するする~とオート発射
してしまい、相当のストレスを抱えていました。


この悩みに対しての解決策は至極簡単でした。


キャップの体積を増やす


体積が増えれば表面積も増えますね。
そうすれば柄の部分との接地面増加や柄への加圧が図れ緩みが解消できる!
(はずです・・・文系人間なんで自信ありません。間違ってたらごめんなさい。)



んじゃ、どうやって体積を増やすか?



自分はこいつを使いました。






DSC02067.JPG

















です。


釘打ち込んだ際のゴムキャップの裂けと微調整を考慮し0.9mmの
細いものをチョイス!!!




こいつを、ゴムキャップへ対角線順に打ち込みんでいけばどんどん
緩みが解消されていきます。





自分の場合は計8本で良い感じになりました。

DSC02065.JPG
















どうです?パンク的な感じで見た目も良さげでしょ!?(爆)


これでも足りなければ、釘の数をふやしさらにパンク化すればOKな
はずです


今回ホームセンターで買った釘の100円だけしかかかっていません。
皆さんもお困りでしたら是非お試しあれ!


※改造につきまして事故・故障の恐れもありますので、くれぐれも
自己責任で行っていただけますよう、よろしくお願い致します。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カウンター
◎ プロフィール
HN:
もみじん
性別:
男性
自己紹介:
京浜工業地帯にある工場で働く、年間出荷24,000tを誇る生産管理アングラー(爆)
釣りは2年目に突入するも、技術は伴わず。。。
まぁ楽しめれば!っと気楽にがんばります!
◎ 2010年釣果記録
シーバス 1本(MAX:約60cm)
◎ SHIMANO TV
◎ Wether News
◎ MAP
顔文字教室
◎ 地域別アクセス

ジオターゲティング
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ ナチュラム売筋ランキング
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]